So-net無料ブログ作成
-| 2009年12月 |2010年01月 ブログトップ

花粉症の季節になると目がかゆくてたまらない

花粉症の季節になると目がかゆくてたまらない、鼻がむずむずしてくしゃみがとまらない、頭がぼんやりしてすっきりしないという話しをあちこちで耳にします。
花粉症を知らないという人は恐らくいないのではないでしょうか。
花粉症はご存知の通り花粉が原因で起こるアレルギーです。花粉症の原因となるものはスギ花粉が多いですが、その他ヒノキ、ブタクサ、ヨモギなどの花粉が原因で花粉症になることもあります。花粉症の症状は目の充血、くしゃみ、鼻水、かゆみなどがあります。その他喘息のような症状や、便秘や下痢、片頭痛などを伴うこともあります。
花粉症は自然治癒が難しく花粉症で悩む人は年々増えているといわれています。

花粉症は春になるものと思っている人は多いでしょう。しかし花粉症は一年中なりうるものなのをご存知ですか?実は花粉症の原因となる植物は春に花粉を飛ばすものだけでないのです。なんと冬にも花粉症の原因となる植物があるのです。

国民病とも言われる花粉症、その仕組みをご存知ですか?
花粉症は誰もが知っているように花粉が原因で起きるアレルギーです。
人間の体は異物が入ってくると、それを排除しようという力が作用します。私たちの日常には目に見えないカビや菌があちこちにうようよしています。しかし、それらのカビや菌に対して私たちの体は異物を排除しようという力が作用し、それらのカビや菌を知らず知らずのうちに退治しているのです。このカビや菌のような異物は抗原と呼ばれます。この抗原と結びついて排除する役割をする物質を抗体と呼びます。アレルギーは抗原(異物)を排除しようとして抗体が過剰に反応したときにでる症状です。
花粉症は体が花粉を異物と認識し過剰に反応することでくしゃみや鼻水、目のかゆみといった花粉症の症状があらわれます。
花粉症の起こる流れは次のようになっています。
花粉が体に入ってきて体が花粉を異物と判断します。すると異物である花粉に対抗するために抗体(IgE抗体)を作ります。そして抗体ができた後に、再び花粉が入ってくると鼻や目粘膜にある肥満細胞で待ち構えている抗体と結合します。その結果、肥満細胞から化学物質であるヒスタミンやロイトコリエンが分泌され、花粉を外に出そうとしてくしゃみや鼻水、目のかゆみなどが症状にあらわれます。
この時に出される化学物質のヒスタミンは知覚神経を刺激する物質でくしゃみ、鼻水、目のかゆみを引き起こします。また、ロイトコリエンは血管を拡張させる物質で、鼻づまりを引き起こします。

コスメ通販 販売店情報
タグ:花粉症
nice!(0)  コメント(36)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

-|2009年12月 |2010年01月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。